整理解雇され自暴自棄になり、キャバクラ勤務するも1ヶ月で飛び、人生詰み掛けたアラフォーがSUBARU期間工になって1年間で160万円貯めた方法。
金が欲しい、とにかく金!金!金!働いているすべての人たちへ期間工という仕事を知ってほしいです。

 

 

■働いても働いても、収入が増える気がしない。

 

■都内以外に給料が良い仕事なんてある訳が無い。

 

転職しようにも、どこも採用してくれるところが無い。

 

■リストラされました、就職先が見当たりません汗

 

■家族がいます、良い働き口は無いでしょうか。

 

■女子でも安心して働ける職場を知りたい。

 

 

 

金の無い生活から開放されたい。

 

 

 

もう一度、人生をやり直したい・・・。

 

 

 

 

 

 

谷村☆のりお谷村☆のりお

当てはまる方は以下の内容を

ぜひ、読んでみて下さい。

 

 

 

はじめまして、谷村☆のりおです。

 

 

 

 

タイトルにある金に対しての思いというのは、私事でありますが少しお話させて下さい。僕は大学卒業してから絵描きとして働いてみたものの食べて行けず紆余曲折。その間にうつ病になり、転職を6度も繰り返した結果、整理解雇されたことから始まります。

 

アラフォーとなった僕は何でもいいから仕事をしなければ・金を稼がなければと考え、身体一つで何か仕事が出来る場所を探し、夜の仕事は稼げるという求人情報を鵜呑みにし、一度はキャバクラの世界で働いてみたものの、1ヶ月も経たず飛び・自暴自棄になりかけました汗

 

働こうにも身に付けている資格なんてある訳も無く、ハローワークで紹介される求人情報は何処も彼処もブラック企業だらけ・・・。

 

もともと意志力も弱く働いて得た金を蓄えることもせず気持ちも散財した生活を日々繰り返し、都内の誘惑に負け1人で生活することをしようともせず自立出来ない。

 

胸を張って生きていくことすら叶わず、自分の足でまともに立って生活することすら出来ない、情けないアラフォーがここに出来上がりました。

 

本当に生きていくことに困り・金の無い日々を漫然と過ごし・ただただこのまま歳を重ね続け、情けないまま老いて朽ち果てやがて死んでいく・・・。

 

そんな絶望が刻一刻と差し迫って来る危機感を遅過ぎたかもしれない、そう感じ始め試合終了が聞こえ始め人生詰み掛けた僕が、

 

この一年間、群馬県の自動車工場で日々働き・体験したことで金のある日常が生まれ、人生初めての心穏やかな日々を過ごせるようになった・・・。

 

 

 

結果、SUBARUで期間工として働くようになり、僕は救われました。

 

 

最初は不安しかなかったのですが、自動車工場で働くということをし始め、日々体験したこと・感じたこと・この思いを形にまとめ情報発信しようと決意し

 

作ったのが「SUBARU期間工に転職して1000万円貯金を始めてみた。」というブログです。

 

業界未経験・力仕事なんてロクにしたことが無い僕が、群馬県にある自動車工場で働き、その日一日一日の実体験をブログにまとめていく、という事を始めてみた結果、、、。

 

 

 

 

 

1年間で160万円もの貯金をすることが出来ました。

 

 

 

有り難いことに、多くの読者の方からの激励・応援の声をいただくことが出来ました。このページの下の方にあるので、ぜひ読んでみてください。

 

たくさんの読者の方々に支えられ金に困った僕が人並みの生活を実現出来た、それを多くの方々にお伝えしたいと思い、このページを作りました

 

 

 

業界完全未経験でも働ける

谷村☆のりおが1年間で160万円貯金した期間工という、その職業とは?

 

 

 

説明会にまず応募・参加し企業面接へと辿り着けば、

問題なく期間工として働けます。

 

 

 

誰でも稼げるという事実と、じゃあ、どうやったら期間工として働けるのか、という部分をまずはお伝えします。

勢いで、「誰でも稼げる」と書いてしまいましたが、さすがに本当に誰でも稼げる・働けるというワケではありません(笑)

 

しかし、ちゃんと知ってさえすれば「誰でも働ける」と言ってしまってもいいくらい、面接を攻略・採用してもらえるのは簡単なことなんです。

 

 

 

■このページを読んで知識・対策を身に付け

■期間工として働く心積もり・決意を固めてもらい

■あとは実際に説明会に申し込み→参加まで進めれば

 

 

 

間違いなく面接で合格出来るはずです。

 

 

 

期間工の面接を臨むに辺る上で最も大切なこと、それは

期間工として働くという覚悟を示すこと

だと僕は考えています。

 

 

ンターネットが広まったおかげで、誰しもが情報に触れられるようになり、簡単にアクセスしやすくなりました。が、その一方で情報が氾濫・飽和状態となり良くも悪くも情報が溢れ過ぎ、自身で選択・判断・決断しなければならなくなってしまいました。

 

 

ネット上では

期間工は底辺だ

期間工は現代の蟹工船だ

期間工は人間のやる仕事じゃない

 

 

などが、さも事実であるかのように語られていたりします。

そういった情報に振り回された結果、金を稼ぐつもりで期間工を始めようと思ったつもりだったのに、

やる意欲を失ってしまった

ネガティブな情報に踊らされた方は相当な数がいると思います。

このようなことにならないためにも、必要となってくるのが正しい知識なのです。

 

正しい知識を持っていれば、ネット上のデマなんて笑いのネタにしかなりませんし、自分の働きたい・全国津々浦々に点在する工場・仕事先から選択することができます。

 

僕はその中で、群馬県にあるSUBARUの自動車工場で働き始めました。

 

このブログを始めたきっかけは、期間工ブログ・YouTubeなどで過去期間工をやっていました情報が多く・現在進行形で働いている現役期間工の方々の日常・実態が見える・分かる・伺えるものが一つも見当たらなかった、というのが最大の理由です(苦笑)

 

僕は幸か不幸か、アラフォーになっても五体満足・健康だけが取り柄だったので、期間工のリアルを自身で発信すれば良いじゃん!最悪自分が不幸になっても誰も不幸にならないと考え、それが日々思ったことをブログでまとめる原動力になりました。

 

そのおかげか「いつも楽しく読ませていただいています。スバルの期間工を考えています。」というありがたいメッセージをいただくことが多いです。

 

 

■僕自身の体験

■読者様からの叱咤激励

■工場で働く人たちのリアル

 

 

それらをまとめたのが、この

業界完全未経験でも働ける谷村☆のりおが1年間で160万円貯金した期間工という、その職業とは?

のページになります。

 

 

 

期間工という職業は

 

真面目に仕事へと取り組んでくれる

 

真摯に向き合ってくれる人だけを求めています。

 

 

 

 

 

 

このページを読めば、期間工の合格率が劇的に変わることをお約束いたします。

 

また、期間工の面接で不採用される方。今後、どこも雇ってくれる所は無いと思って下さい。

 

それくらいこのページを見れば、働く覚悟というのを改めて確認することが出来ますから。

 

 

 

谷村☆のりおが今!オススメの期間工求人サイトはこちらです。

>>大手メーカーの期間従業員求人を探すなら期間工.jp

 

 

 

 

期間工は何故金が貯まるのか、3つのメリットとは?

 

 

 

 

僕はこの1年間で160万円貯金しましたが、期間工で働くメリットを3つ先ず紹介させて下さい。

これを見て社会人の方々にお伺いしたいのが、ちゃんと金を意識し節約・節制している人って周りにいますか?

 

 

家賃・光熱費無料である

都内で生活するに辺り、毎月の家賃って結構痛いですよね。給与の1/3が家賃に充てられると良い、とか何とか。手取り20万の場合、6~7万円の1Kを借りて生活。そこから毎月のガス・水道・光熱費・食費・・・。

ギリギリの生活になってはいないでしょうか。この部分がもし無料だったら、考えるだけでワクワクしませんか?きっとやれること・幅・日々の生活にゆとりが生まれる気がして来ないでしょうか。

この浮いた金でやれることが増える気がします。また、これを毎月コツコツ積み上げたらそれこそ結構な金になると思います。僕は実際160万もの大金をこの1年間で得ることが出来ました。

その大金を得ることに大きく貢献した一つにこの家賃・光熱費無料という部分が関わってます。一人身で暮らしていく分にはちょっと手狭ではありますが、何も不自由のない部屋です。

TV・冷蔵庫・エアコン・タンス・ベットと備え付け、衣服のみ持参で期間工生活始めても安心な空間があります。共同浴場・風呂は別のフロアに用意してありますので働いて金稼ぐことに集中出来る環境が整ってます。

出勤する際は寮から無料の送迎バスが出ますので、毎日毎月会社から出ていた交通費など一切心配する必要ありませんし。しっかりと働いてくれる人であれば歓迎される、そういう働く場所が全国の工場仕事には存在します。

 

家賃・光熱費無料という恩恵をフルに活用し、覚悟を持って期間工生活に飛び込んでもらえれば。必ず学びがあると共に、懐には驚くべき金が毎月毎月詰み上がって行くことが実感出来るハズですよ^^

 

誘惑が殆ど無い

毎月のお給料嬉しいですよね。その金で豪遊してしまうこと、よくありますよね。そして悲しいことに、金が減った時のショックってありますよね。頑張って働いて得た金なのに消耗してしまう。

都会には歩けば周りには便利なお店が沢山あります。生きる事に何不自由のない環境が整っています、いや整い過ぎている気がします。便利なサービスを受けるには金が必要です。

ファストフードは気軽に立ち寄れて忙しい社会人には有り難い存在です。しかし、毎日結構な金額を使っているような気がしないでしょうか。例えば毎月のランチ代、一体いくら消費していますか?

 

期間工で働く際はどうぞご安心下さい、悲しいですがそういう誘惑が一切ありません笑

 

寮生活になる場合、周りの不便さに最初は驚くと思います。ただそれは最初だけで段々と生活に慣れます。近くにコンビニ・スーパーありますし。今まで金を使い過ぎていた生活は何だったのかと、必ず気付くことが出来ます。

不便な環境が実は誘惑が一切無い環境で、自分のこれからのやりたいこと・進みたいことを思案出来る時間が増える。見つめ直すきっかけになる、住めば都だと必ず実感出来ますよ。

 

今はインターネットがある世界なので、寮で引きこもり生活するのも悪くないですよ。金は浮くし、使い方によって学びが大いに得られる。ローリスクハイリターンです。飲み酒代・夜のお店で消費するより自己投資です^^

 

食堂の利用で食費が浮く

何処かの壱番屋と呼ばれるお店のメニュー・ポークカレー514円・・・。高いですね、全国チェーンでもこの価格って毎日の楽しいランチはきっとあなたの心を満たしても、お財布は悲しい末路になると思います。

期間工生活は中々制限がある生活のように感じるかもしれませんが、この生活も悪くないかもと思えるきっかけがあるポイントがこれです。美味しくて何より安い!!心のオアシスとも呼べる存在、それが食堂です。

朝食は220円・昼食は320円・夕食は420円とご飯をしっかり食べ、毎日の仕事を乗り切って下さい。利用したら心も身体も満たされますので、余計な買い物をして食費・エンゲル係数が上がる何てことは減るハズです。

カレーを最初に持ってきたのはボリュームと品数、何より価格が比較しやすかったのでご紹介させていただきました。コンビニの冷たいご飯をレンジでチンして温め直すモノより、出来立て手作りの温かい食事を是非。

衣食足りて礼節を知る、ではありませんが。期間工の生活を日々過ごしていると、この言葉が常々頭を過ぎります。住環境も整えられ、また温かい食事が提供される場が備わっている。

衣服と食物と住環境は、生活をする上で必要不可欠です。それらが満たされることによって精神的・肉体的にもゆとりができ、必ず余裕が生まれますよ。期間工という職業を経験すると、金に対する考え方も変わります。

 

これからどう生きていくか、ますます不透明・不安が付き纏う世の中の状況が訪れると思いますが、一旦今いる環境から離れ期間工として働く。今までとちょっと見る景色が変わる、必ず変わる。実際に僕は実感しております。

 

 

 

谷村☆のりおが今!オススメの期間工求人サイトはこちらです。

>>大手メーカーの期間従業員求人を探すなら期間工.jp

 

 

 

 

期間工になるまでの僕の職業遍歴3選

 

 

 

金が命より重いと身に染みて実感し、この世の中を生きて行くのには何よりも金が必要なんだと理解するまで。

 

そんな僕は一体どのような職業遍歴を辿ったのか、少しご説明させてください。

 

初任給¥23,180で始めた赤貧アニメーター生活

 

 

社会人で初めての給料って、いくら貰えていたのか覚えていますか?

 

 

 

 

僕が金は命より重いと知るまで、アニメーターとして働いていた過去があります。当時の給与明細というのが残っておりましたので、ご確認いただければと思います。

 

¥23,180

これ、月給です笑

 

今でこそ笑い話になりますが、当時大学を卒業してから1年間はフジテレビでニュースなど編集の仕事をしその後、貯金を100万円くらいしてアニメの世界へと飛び込みました。

23歳にしてある下請け・零細アニメ会社へと入り、そこから貯金を切り崩しギリギリの生活を過ごすようになります。基本日曜のみ休日・3畳4万円の狭いアパートを借りて仕事場から徒歩10分の距離を往復する毎日。

アニメは好きでした、しかし絵を描く才能・絵を描くことが好きだったのかというと違かったのかと思います。勢い・憧れ・若さだけで無謀とも言える世界へ飛び込みました。

 

足掛け7年半、20代のすべてをアニメの仕事へ注いだ結果・・・。欝になりました笑

 

 

アニメーターとして、仕事への諦めが付いたのは何故か。幸い、ある有名な方から評価されたことでキレイさっぱり見切りが付いたからです。

ホント絵が描けなかった当時の僕は、下手糞・いらねー・死ねよと馬事雑言を浴びせられ続けながらも机に必死に噛り付き向かっていた、その果てにあった着地点・ゴールはホント良かったです。

これで何も得られない結果になっていたらと想像したら、それはそれは恐ろしいことですけれど。この仕事は最終的に手取り15万円を行ったり来たり、そんな仕事でした。良く五体満足で生きていけたものです^^

 

パチンカスを喜ばすために絵を描き続けるデザイナー生活

 

 

絵を描く仕事に見切りを付けるのが遅すぎた、その末路は・・・。

 

 

転職活動するにも苦労しましたが、幸運なことにとある3DCG制作会社へのデザイナーとして就職が決まりました。30代目前にしてようやくここで、人並みの給料を貰えるようになりました。

アニメの仕事をしていた生活が長かったお陰か、毎月の給与明細を見てただただ驚いておりました、これが会社という組織なのだと。どうやらこの当時、金銭感覚・承認欲求・自己肯定感が皆無に等しくなっていたようです苦笑

仕事は所謂「遊技機」の映像製作。ぱち〇こ・パチスロのお仕事、それに使われるデザイン素材を作成する仕事を5年間しておりました。しかし、転職出来たもの仕事にやりがいを見出せない状態に。転職を繰り返します。

遊技機の仕事を始めておよそ2年半を経験し転職、別の会社で遊技機のデザイナーとして1年間過ごし転職。そしてこれが最後の転職にしようと決め、練馬にある会社に転職。

 

 

2018年4月に入社。

 

 

ここで骨を埋めよう、これが絵を描く最後の場所だと思っていたんですが・・・。

 

 

 

 

 

入社して9ヶ月後、リストラされました・・・。

 

ち~ん♪

 

転職に転職を繰り返し、最後は整理解雇されるという・・・苦笑

 

 

大して可愛くもない子に金をばら撒く客を見続ける、キャバクラ・ボーイ・黒服生活

 

 

退社した3月に僕が選択した転職先、それはキャバクラ・黒服の仕事でした。

 

 

ハローワークへ行って失業保険貰っても3ヶ月分しか貰えない。というのも、練馬の会社に転職して1年未満・働いた期間が9ヶ月という部分がネックとなり自身の足を引っ張ることになります。

転職活動を長期的に、とか考えて行動することなど到底出来ず。ただただ不安が膨らむ日々というのがこの時にはありました。その結果、冷静な判断・選択が出来ない・考えることを半ば諦め始めます。

取り敢えずスグにでも働ける仕事を探さないと、体が健康な今のうちに出来る仕事を。それからというもの、夜系の仕事・最終的にキャバクラを選択。それは給与面だけを見て判断しました。

求人ページに並んでいるのは25万円以上の給与が殆ど、また資格などが一切必要が無い。兎にも角にも金が欲しかった、働ければ何処でも良かった、情けないこの状況からどうにか変えたかった、逃げたかった・・・。

 

渋谷・新宿・池袋。世間のイメージ通りの柄の悪い、残念ながらその通りなお店が殆どでした。面接も形だけ「いつから来れる?」「今日から働く?」というお店が多かったです。結果、10店舗ほど面接をして選んだお店。

 

池袋にある水着キャバクラのお店に黒服・ボーイとして働くことになりました。

 

昼3時起床、4時に出て、5時出社。帰宅は翌朝10時。そんな生活を続けてみたら、痩せに痩せ精神的にも疲れ果てている僕がおりました。実際どんな職場だったのか、お客の柄はすこぶる悪かったという記憶しかありません。

お酒が絡むと人は変わる、それを相手にする客商売。そんなお客からお金を絞りに搾り取るキャバ嬢たち。1日平均100万円近い売り上げ。お客さんにお酒を注文させ酔わせ、金を搾り取っていく毎日がそこにありました。

 

「大丈夫なのか、この店は・・・。」

 

この直感は当たっておりました。僕が入って2週間過ぎたある日。行政書士からの訴えがあり、お店を閉める事態に。お客と店側で揉めている光景を日々目撃、これはと思ったお客さんがいたのでしょう。

 

 

この店はボッタクリだ!!

 

と。

 

働いてみて、これは一生働くような仕事では無いな。でもこの後どうしよう、仕事探すといってもどうしたらいいんだろうなぁ。こんな考えがグルグルと周り始たとある日・・・。

 

カポ~ン♪

 

気が付いたら僕は新宿のテルマー湯で温泉に浸かっておりました。ようは、営業時間中に逃げました。業界用語で俗にいう「飛ぶ」と言われるそうです。

 

ニートになった経験を経て、今現在はというと群馬県でSUBARU期間工として働き、生活をしております^^

 

 

 

谷村☆のりおが今!オススメの期間工求人サイトはこちらです。

>>大手メーカーの期間従業員求人を探すなら期間工.jp

 

 

 

 

期間工になるために最初の3ステップ

 

 

 

 

ではここから具体的に説明会に参加→面接に合格するまで、具体的な内容をお話をしていきます。

はじめに「期間工になるための3ステップ」をぜひ知っておいてください。

 

 

人材紹介会社にまず申し込み

 

 

期間工として働く場合、会社・メーカーのHPから直接応募するというのは構いませんが、何故わざわざ人材紹介会社を通じて申し込みをしなければならないのか。その理由の一つに「参加費」が貰えるという部分、簡単にいうと面接に来ていただけたら金を支給しますよ、ということなんです。

 

この面接・通称は選考会と呼ばれるものですが、その参加費が何故支給されるのかというと「金を払ってでも採用したい、人を雇いたい」という企業の採用意欲の表れです。わざわざ金を払って工場で働いてくれる真面目な方・男女問わずに募集をする姿勢。これに素直に乗っかってしまいましょう、というのが僕のスタンスです。もちろん、リスク・デメリットなど一切ありません。

 

しかしメーカーへ直接応募するルートを取ると、面接の対策・準備もせず臨もうとすると何もかもがいきなり過ぎて、お互いミスマッチが起こりかねない。面接はお見合いという言葉を良く聞きますが、僕は全くその通りだと思います。

 

働きたいんです!!という意欲は誰しも言えますが、何故働きたいのか何故自動車工場でなければならないのか何故・何故・何故・・・。人を採用するに辺り企業側が求めている思い・理念に対して、対策・事前準備ナシで面接へと挑むことこそ最大のリスクがあると考えます。業界未経験である方なら尚更、しっかりと準備をして就業意識をはっきりと具体的に・明確にすることが必要不可欠です。

 

その為には期間工という仕事の情報・実態というのをあらゆる限りを尽くして調べる必要がありますが、プラスアルファ必要となってくる情報というのが人材紹介会社・プロのエージェントの方々からの情報を直に聞くことなんです。

 

必要無いと思われるならそのまま突き進んでも構いませんが、期間工として工場内で働くことが目的・スタートのはずです。いきなり本番の面接へと挑み、結果として門前払いを貰わないようにする為にも、必ず人材紹介会社の説明を受け参加し準備・対策・心積りをし、本番である企業面接・選考会へと挑んで行って下さい。

 

不安を一つでも取り除くこと、それが期間工を始める最初の一歩だと考えます。ご自身の期間工という職業への疑問をまず用意し、加えて工場仕事の情報・状況を仕入れる。また、人材紹介会社の説明会は「一次面接」扱いであるということを覚えておいて下さいね。

 

ここで実際に「企業・メーカーの面接へと進ませるに足る人材であるのか」ジャッジされます。とはいっても堅苦しい・緊張ガチガチで向かうというワケでは全く無く、社会人として礼節を重んじ立ち振る舞っていただければ何も問題ないです^^

 

貯金をしたい

 

など明確な目的・目標を一つ、たった一つだけで構いません。何故期間工として働かなければならないのか、その問いに対してご自身の思いを言葉にし伝えることが何よりも重要であり、この先も絶対に必要となっていきます。

 

 

谷村☆のりお谷村☆のりお

疑問・不安をこの際ぶつけて、働く理由を明確にしておきましょう。

人材紹介会社の方々は必ず助けになってくれます。

 

僕も実際そうでした。

 

 

説明会は1次面接である

 

 

では実際に、人材紹介会社で何をするのか?というところについて、具体的に以下のポイントがあります。

 

 

・ご自身のヒヤリング

・簡単なテスト

・具体的な面接の日程調整

・銀行口座の確認

・身分証明の確認

・連絡先の確認

 

 

などが主になります。初対面・はじめまして同士の中で行なわれる説明会なのですが、ある程度「この人は問題ない」と判断されたら話が具体的に進んで行きます。これまでの職歴など履歴書を用意した上で、エージェントの方との話し合いが行なわれます。その際は、スーツであれば特に問題ありません。が、もし用意出来ない場合は綺麗目な服装で清潔感を見て取れる格好で望んで下さいね。第一印象で変に思われると、お互いに損しかないので。

 

 

一通り話しが進むと簡単なテストが行なわれます。このテスト、ホント簡単な内容です。実際に僕が行なったその内容というのが「足し算引き算」などの計算問題や「□にレ点をただただひたすら書いていく」内容に「間違い探し」などなど・・・。単純な内容を行なって「ストレス」チェックをしているのではないか?と思います。工場での仕事というのは流れ作業であり、繰り返し繰り返し行なっていく仕事内容です。そういう面に通じる内容が、この簡単なテストに含まれているのかと思います。落ち着いてテスト内容に答えてさえすれば、何も問題はありませんよ^^

 

といっても、僕は物凄く緊張してしまいました笑

 

一通り説明・テスト・質疑応答などが終ったら具体的な企業面接の日程調整の話が行なわれます。話が前後するかもしれませんが、どこで働くのかというもっとも重要な話もされます。僕の場合は履歴書提出→説明→テスト→働く先の選定という感じでした。その当時は日産・ホンダ・トヨタなどは経験者のみでの採用を行なっていたタイミングだったので、他に未経験でも受け入れてくれる会社を主に紹介してもらいました。僕はなるべく関東圏内で働けないかな、と思っていたので群馬県にあるSUBARUを選択。もしダメだったらまた探そう、と思っておりました。

幸い、面接へと進めることになり日程調整をしてその後は銀行口座の確認・身分証明書の提出をして終了しました。エージェントの方との連絡先・LINEも交換しました。その後、採用が決まった後や群馬県に赴任した際、やり取りをしばらく取っていたりしてました。こういう部分でもぜひ人材紹介会社を介した方が有利に運びますし、後々自分の不安に思ったことへの解決に繋がると思います。

 

面接本番、これだけを答えれば即採用!

 

 

無事に人材紹介会社からの推薦を経て、ここからが本番となります!

メーカー・企業の採用担当者の方との直接面接が行なわれます。

 

 

 

 

面接突破をする唯一の意識、それは

 

期間工として働くという覚悟を示すこと

 

 

です。単純?簡単?でしょうか、いやいやいや。採用担当者というのは、企業の顔。そして、一台につき何百万円もする自動車を製造・人の命を預かるその工業製品。期間工として責任感を持って仕事をしてくれる人になり得るのかどうか。そこのみを見られていると言っても差し支えないと思います。

 

実際、僕が面接突破したという実感があったのは志望動機を聞かれた際に、

 

期間工という仕事について、全て調べました。

 

という事を話してから、流れが一気にガラッと変わりました。

 

期間工という仕事について、インターネットでしか情報を得る手段が無かったのですが、YouTube・Twitter・ブログなどからの情報を見て調べ・知り、ネガティブな情報も全部ひっくるめて期間工として働くという決意だけをし、期間工という仕事は稼げるんだ・やりがいのある仕事なんだ、という思いを直接ぶつけました。

事実、期間工など工場仕事をしていた人たちの情報というのはインターネット上には幾つも存在し、給与明細など金に関して言えば、事実・数字だけは嘘偽りなく明記されている。金を稼ぐという部分・そこに対して何の疑いも無く、期間工という仕事は稼げるという考え・確信をしておりました。

 

貯金をしたい

 

この志望動機が心の底から生まれたのも必然だったと思います。懐に蓄えも無く借金を抱え毎月の支払いに頭をもたげる、この先仕事するにも転職先が僕の年齢では選ぼうにも収入減を覚悟しブラック企業に心臓を捧げなければならない、、、。しかし、そんな覚悟は僕にはありませんでした。実際に本当に金に困っていましたし、恥ずかしながら必死だったので・・・。採用担当者の方には「ただ何と無く期間工になりたい人ではない」と判断され、結果それがちゃんと伝わったのかなと思うような気がします。

 

 

結果、採用担当者の方から

 

良く、調べに調べて来ましたね。

 

説明することが殆ど無い、あと私が聞きたいことは・・・、

 

期間社員としての覚悟がおありですか?というところです。

 

※期間工は期間社員・期間従業員と呼称されることがあります。

 

 

このやりとりで僕は人生を再スタートさせたいという気持ちがハッキリとあったので

 

 

「ハイ!!」

と答えました、若干声が上ずりましたがw

 

 

「分かりました、では早速採用の手続きをさせていただきますね^^」

 

 

と、即日に結果をいただく事が出来ました。

 

 

その日を境にして、僕の場合は群馬県へと働きに旅立つこととなり、そして今に至ります。

 

何故期間工になるのか、ここの部分を明確に意図を持って面接に臨む事がマストなのではないかと^^

 

 

 

谷村☆のりおが今!オススメの期間工求人サイトはこちらです。

>>大手メーカーの期間従業員求人を探すなら期間工.jp

 

 

 

 

期間工は底辺では無かった、実際に体験して分かった3つの理由

 

 

 

 

ネット上では

期間工は底辺だ

期間工は現代の蟹工船だ

期間工は人間のやる仕事じゃない

 

 

こんなネガティブな情報が実しやかに広まっています。

僕も最初はそういう認識を持っていた時がありました。

しかし、そんな情報はスグに嘘だと気付きました。

 

全てがデタラメでした。

 

実際に働いてみて期間工で救われた僕がここに居ます。

 

期間工という職業こそ混沌としたこの令和の日本で、

人生を見つめ直すことが出来る仕事。

 

 

期間工=人生の避難所

 

 

とハッキリ言える3つの理由をご説明したいと思います。

 

 

期間工はやりがいのある仕事

 

単純作業の繰り返し、それを半日もの時間を費やす日々。これが世の中に蔓延っている期間工のマイナスイメージそのものだと思います。ただ仕事って程度の差・業種様々あれど、金を稼ぐというのはそういうものだと思います。誰かが金を出してくれて、多くの企業が成り立っているのですから。

 

期間工だから、期間工は底辺という認識がそもそも間違っている。

 

肉体労働ですし身体的にキツイ、ホント慣れるまで大変だと思います。そこを何とか乗り切れば、給与を懐にテにした時に必ずや思うハズです。意外に悪くない仕事かも、と。期間工という職業と言えど、しっかりと雇用・身分の保障はされておりますし会社での福利厚生も正社員と同様に扱われ健康診断など普通に受けれます。

僕の場合は自動車会社で自動車の製造に携わっているのですが、1台何百万もの値段がする工業製品の製造に携わる。国内問わず海外に顧客を持ち、納車まで今や今かと待っている世界中の人たちがいる。胸を張って良い仕事だと僕は思います。

底辺なその仕事が何百万もの価値のあるものを作っている、おかしな話です。人の命をも預かるその自動車製造の仕事が底辺なワケないじゃないですか。やりがいを持って臨んでよい仕事だと思います。毎月の給与を手にしたら、間違いなく認識が変わります。必ず変わります、実際に僕もそうだったので。

 

意識一つ変えるだけでも、何事にも取り組んで行ける。働いてみると意外に悪くない仕事それが期間工であり、また数多くの方が工場で日夜働いている姿を見れば、インターネットのネガティブな情報というのは間違いだと気付けますよ。

 

 

期間工は時間と金が手に入れられる

 

これは実際に働いてみて正直驚いたのですが、仕事をして金を稼ぐことに加え「時間」が手に入れることが出来ました。期間工という仕事は単純作業の肉体労働ではありますが、一日働く時間はキッチリと決められ管理されていますし残業があるといっても家に帰れないほど仕事をするなんて事は決してありません。

一日の半日を職場・工場で過ごすことにはなりますが、寮までは無料の送迎バスで帰れますしその後の時間は意外にあります。日勤・夜勤と生活リズムが不規則になりがちではありますが、身体が慣れてくると不思議とゆとりのある生活を送る事が出来ます。家賃・光熱費も掛かりませんし、金銭的負担って結構大きいです笑

何か目標がある場合、周辺環境の不便さが逆に物凄く集中出来る環境だと気付くことが出来ると思います。僕の場合はこうしてブログを立ち上げ運営したりと、貯金する以外に新しいことにチャレンジ出来る・時間があると何か行動したくなると思います。仕事で疲れたらしっかり休みを取って翌日の仕事に支障が出ないよう体調管理を心掛ける必要はありますが^^

資格を取る為に勉強したり、これからの自分自身の人生の自己投資する。そんな環境が期間工にはあります。もし万が一、新しい事に挑戦し上手く行かなくても仕事で得た金が必ずあなたを救ってくれるハズです。間違い無く。貯金もしながらライフラインを整備し、これからのことを考えながら自己投資していく。

 

社会人になると改めて自由な時間というのが貴重に感じられます。期間工で働いてみて、金と時間を手にしてこれからのご自身のライフプランを見つめ直すというのを強くオススメいたします。

 

 

期間工は人生の避難所

 

金は命より重いと身に染みて実感した僕ですが、今までの失敗に失敗を重ねた経験が糧になっています。また、期間工という職業に巡り合えたことによって変わった。間違いなく人生が好転する兆しがハッキリと差し込んで来た、そういう体感を得ております。

160万円という貯金を達成するまで、何を意識していたのか。必ず金を稼ぐ・貯めるという目標設定、必死で働いて金を稼ぐんだという就業意識、そして最後に自分の意思でこの仕事を契約期間中は全力で取り組む。何だか精神論みたいなことを言っていますが、ホントこれをクソ真面目に意識していたお陰もあり160万円を手に入れることが出来たのだと思います。

また、これは工場で仕事して感じたことがあるんですが「真面目に取り組んでいる人に対して誰も文句を言わない」という環境。ホントに有り難かったです。

 

職場には誰一人としてふざけた人が居ない

 

十人十色・千差万別な性格・価値観の違う方々は会社組織で働いている以上、数多くいらっしゃいます。また、その仕事に対して何か思うところというのは、人それぞれあって当然な部分です。ですが、給与を貰えば僕が何故こういうことを言い出しているのか少し分かってもらえるハズです。

 

どんな職業でもやりがいというのは必ずある、期間工はその一つだとハッキリと自信を持って言えます。

 

衣食足りて礼節を知るという言葉がありますが、今まさに僕はそれを体感しております。金が懐にあると、気持ちが本当に変わります。いつしかそれが余裕に繋がる。工場の中にはご家庭を持ち、守るべき家族がいる方々を沢山目にし、また一緒に汗を流して来ました。

 

仕事を通じて僕がこんな心境の変化になったのも、期間工という職業に出会えたからだと思います。何時何時この場から離れることになったとしても、この今までの1年間で蓄えた金を持ってしばらくはどうにかなりそうだ、という気持ちになりました。今までを改めて見つめ直すことが出来た「人生の避難所」と呼べる場所、それが期間工という仕事でした。

 

 

期間工になれば必ず人生が変わる、好転する。

 

 

ぜひ期間工という仕事をきっかけに、これからの生き方の一助に・きっかけになればと思っております。

 

 

 

谷村☆のりおが今!オススメの期間工求人サイトはこちらです。

>>大手メーカーの期間従業員求人を探すなら期間工.jp

 

 

 

 

ブログに寄せられた感想

 

 

ブログに寄せられた方の感想をここで少しご紹介させていただきます。

 

 

質問者質問者

こんにちは、初めまして。いつも更新楽しみにしています。

やりがいがないから転職‥が頭をよぎることもありますが、谷村さんの仰るとおり金は本当に大切、金があることで自己決定できることはいっぱいある、貯金はないがうつ病一歩手前で工場業界に飛び込んだので金は大切だという谷村さんの記事は本当身に染みます。

100万円って浪費するにはあっという間で将来の蓄えとしては心もとない、しかし何かを学び変えるには十分な金額で大金を蓄えるためにはまず100万からと言われるそんな重要な金額ですね。

100万円の大切さを若いときから気づく優秀な人もいれば、一生気づかずに浪費する人もいる、賛否両論色んな意見あるでしょうが外野の意見に惑わされず一歩一歩の前進応援しています。

なんか同世代なのでめちゃくちゃ人生応援しちゃいますね。(だから最近の期間工はオワコンとか古巣を下げる発言ブームはうーんと思う)

質問者質問者

私もアニメ業界、ゲーム業界と移ってスバルの期間工として働きはじめました。12/17付けで〇〇寮にいます。

質問者質問者

初めまして!
自分は昨年の9月から〇〇工場で働いてます。
ちょくちょくブログ拝見してます。
お互い頑張っていきましょう!

 

 

 

金が欲しい、とにかく金!金!金!

 

 

ここまでお話させていただきましたが、ぐねぐねと紆余曲折・社会人として世に出た経験から改めて感じたことを。最初の6つの表題について、僕なりに期間工という職業を通じて体感し思ったことを以下にまとめました。

これから期間工としてもし働こうと決心した際に、様々な疑問が出てくるかと思います。その中で特に下記のような悩み・疑問・境遇をお持ちの方がもしかしたらいるのかもしれない、そう思いました。

僕なりの回答を、ぜひ読んで下さい。

 

■働いても働いても、収入が増える気がしない。

固定費0で今を見つめ直す、期間工で働くという選択。

 

ニュースなどで度々話題にあがる収入格差について、僕もドキッとします。手取りが25万あれば生活出来るとか、いや手取り20万、いやいや15万で云々。しかし思うのは、議論に上がっても具体的な解決を提示してくれることは有り得ない。

 

この手のニュースで終わりの結びは「頑張って仕事していくしかないんですけれど・・・。」みたいな。

 

ガス・水道・電気・家賃・食費に衣類などなど、多分挙げたら際限なく出てきそうですが。1人で生きていくには数多くのものに金が必要です。悲しい現実ですが、生きて行くためにはどうしても金が掛かってしまう。極端な話、息をするにも金が発生している気が。

出来れば支出をコントロールしたい、支出を見直したい、出来れば金を使いたくない・・・。という思いを持っている人は少なからずいると思います、僕もそうです。切り詰めて生活をして行ったその先は、どこか身体の不調が訪れたり精神的にも疲れてしまう。

 

支出の見直し固定費を限りなく0にする、期間工になり寮生活をすることで実現可能です。

 

全国津々浦々に点在する工場、その働く人の数多くは「寮」で生活しております。中には単身で住めるアパートタイプも。家賃・光熱費は会社が全て負担、金にゆとりが生まれると、心境の変化が起き不思議と気持ち穏やかに。落ち着きを取り戻せます、必ず。

工場で働く人の全てに会社から多大なるバックアップ・応援、その環境が期間工にはあります^^

■都内以外に給料が良い仕事なんてある訳が無い。

都会から離れる勇気を持って、期間工で働くという選択。

 

実は地方には懐に余裕があって、それなりに何不自由なく生活している方々が多く生活している、というのを知っていますか?都会の生活で豊かに生活していくには、果たしてどれだけの金額を得られれば生きて行けるのでしょうか?

 

20万?25万?いやいや30万?35万?都会は確かに便利で何不自由なく生活出来る環境はあれど、維持費が掛かる。生活に困る事が無い環境というのは金がどうしても必要です。また誘惑も多い、気持ちも懐事情も散財してしまう。

 

でも、今の仕事以上に稼げる仕事なんて無い・他の業種に転職なんて今の自分には無理だ。

 

そんな事は無いですよ。

 

一度ブルーワーカーとして、期間工として働いてみるのは如何でしょうか。都会に比べると確かに利便性など多少なりとも劣りますが決まった時間しっかり働き・規則正しく生活出来る環境があり・そして固定費0の生活が身体に気持ちにゆとりを与える。不便さ・誘惑の無さが、金を懐に蓄えられる・守る方法だと思います。

 

金銭的余裕と時間的余裕が確保出来る、期間工は慣れるまで大変ですが不思議とやりがいを感じられる仕事です。労働時間も決まっているので時間的余裕が生まれ、今後の対策・検討・思考する時間が確保出来ます。この時間に資格を取る勉強など自己投資する。

 

目的・目標意識を持って取り組む、期間工という仕事はうってつけのポジションですよ^^

■転職しようにも、どこも採用してくれるところが無い。

 

次の働く先を考えるために、期間工で働くという選択。

 

ただ転職したい、そういう考えは大変危険です。このご時世会社員であるというのはとても恵まれていますし、大事にすべきものだと考えます。ライフラインの確保というのは、生きていく上で必要不可欠なハズです。

本当にヤバイ状況ではない限り、今の仕事・職場を大切にしていくのが建設的だと思います。が、もしこのページをご覧いただいていたのであれば、一度期間工という仕事にチャレンジしてみては如何でしょうか?働くべき環境が全国にあります。

 

正社員として働ける道も開かれています。

 

一度就職してみたものの、期間工として働き後に正社員になった20代。期間工として働き一度は離れたものの、職場の雰囲気に惹かれ正社員となった30代。家族を養うために一度期間工になり、そして正社員になった40代。そんな方々と僕は一緒に職場である工場内で仕事をしております。

 

もし、ご自身の道がハッキリとしたのであれば契約終了後・失業保険を貰いながら次のステップへと進んで行かれればと考えます。契約し続けるも良し、ある程度算段を付けるも良し。契約最大2年と11ヶ月、金を稼ぎながら時間を確保しこれからのご自身の人生を考える。

 

そのきっかけになる仕事に、僕は期間工をオススメします^^

 

■リストラされました、就職先が見当たりません汗

 

失業保険を大いに利用する、期間工で働くという選択。

 

まずはハローワークへ行って下さい、そして失業保険の申請をしましょう。リストラされたからといって、人生終ったなどということは決して有り得ません。僕も同様の経験をいたしましたが、リストラされてホント良かったなと。心底思います。

 

会社都合による解雇である場合、実は大きなアドバンテージとなります。

 

何故なら期間工として働き始めてからというもの、ハローワークからいただいた再就職手当てを貰うに必要な書類を職場に提出。およそ1ヶ月掛かると世間では言われているその手当、僅か2週間とも掛からず僕の口座へと入金されました。

 

自動車会社・大企業に就職したという恩恵をモロに受ける形の結果だったと思います。

 

今まで会社のため、仕事のため、ご自身のため、守るべき人・家族のため・・・。頑張って頑張って頑張って仕事に取り組んで来た結果のリストラ、絶望すると思います。しかし、決してご自身を責めないで下さい。立ち止まるにはまだまだやれることがあります。

失業保険をフルに活用するために、期間工として働く→まとめて一括・合法的に金を貰いましょう、然るべき手段・方法・申請すれば誰も文句は言いません。正社員登用も積極的に行なっている会社はありますので、それも見据えてチャレンジしてみるものアリです。

 

ライフラインの確保するため、期間工として働くという選択肢を^^

 

■家族がいます、良い働き口は無いでしょうか。

 

家族を守るために、期間工で働くという選択。

 

工場の中で僕は今現在も働いておりますが、その中には家族・守るべき家庭を持っている方々を沢山目にしております。それは正社員の方々、期間工である方々も同様にです。

また、現在正社員として働いている方の中には期間工として過去働き、その後正社員登用試験を受けた方がいます。お子さんもいるようで、ご家庭を築き上げ日夜仕事に取り組んでいる。そういう方が工場内には数多くいらっしゃいます。

 

私事ではありますが、僕の父も過去に早期退職→無職の期間があったことがあります。その当時、僕は高校生だったので今のように事の重大さ・父の心境というのを理解しきれていませんでした。

想像を絶するほどのストレスがあったのだと、今なら理解出来ます。自分もリストラを経験しましたが、一人身の僕とはワケが違います。家族をどう養っていくのか、どう食わしていくのか、どうこれから金を稼いでいくのか。

 

今の僕であれば、期間工の仕事を薦めようと思います。

 

契約期間は最大2年と11ヶ月、単身金を稼ぐために固定費を0にして生活の基盤を整える。失業保険を最大限・一括で受け取る、過去の仕事から年収が下がってしまうかもしれないけれど一般的な平均以上の年収を一時的に確保出来る。

期間工と有れど雇用の保障・福利厚生も備わっている。また各会社・状況に差はあれど正社員登用の道も開かれている。社会的証明として正社員は大きいです。都内から離れ、地方で暮らすことも視野に入れる。

 

働く人全てに期間工という仕事・職業を、選択肢を知って欲しいです。

 

■女子でも安心して働ける職場を知りたい。

 

女子でも手取り25万円が実現できる、期間工で働くという選択。

 

歯科衛生士の場合、国家資格であるにも関わらず手取りの相場は25万円。都内で生活するとギリギリの生活、暮らしては行けるけれど満足の行く生活を送るには少し足りない気がします。真面目にコツコツと仕事して金を貯めるも、都会には様々な誘惑があります。

その中で期間工という仕事、家賃・光熱費無料という大きなメリットを利用しませんか?

元美容師・介護士の方が過去期間工として働き、それぞれ2年11ヶ月満了を果たした。会社のオリエンテーションで説明がされたことを今でも印象に残ってます。過去様々な経歴を持った方々が老若男女問わず仕事をし、ご自身の今後に向かって去っていった。

 

未経験でも手取りが25万円が可能です、男女問わず。

 

都会の便利さと住み易さにを維持し続けるにはコストが掛かり過ぎる現実があります。あえて都市部から離れ、これからどう生きていくかという学ぶ時間・準備するために期間工に一時的に働いてみるという選択をするというのはアリかと考えます。

金を蓄えて進学する、金を蓄えながら勉強に勤しむなど、期間工の賃金について、女性だからといって男性と比較して給与・金額の差はありません。女性の場合も寮住まい・単身アパートタイプの住環境が全国の工場仕事には存在します。

契約し続けられる期間は最大2年11ヶ月ですが、仕事をしてみて正社員として働きたいという意思があれば年齢制限はあるものの積極的に採用・意欲を持っている会社はあります。最近、職場で一緒に働いていた女性の期間工の方が正社員になりました。

 

ご自身の今後のために、期間工という仕事を活用してみませんか?

 

 

 

谷村☆のりおが今!オススメの期間工求人サイトはこちらです。

>>大手メーカーの期間従業員求人を探すなら期間工.jp

 

 

 

 

働いているすべての人たちへ期間工という仕事を知ってほしいです。

 

 

このページが働く人たち全てに、何かのきっかけの一助となれば幸いです。

 

金の無い生活から開放されたい。

 

 

残念ながら、それは難しい問題なのかもしれません。

 

 

日々生きていくには金がどうしても必要不可欠だから。

 

 

自分の毎日居場所として住む場所を確保するためには金は絶対必要です。

日々生きていくには金がどうしても必要不可欠だから、

 

自分が日々健康でいるためにご飯を確保するためには金が絶対必要です。

日々生きていくには金がどうしても必要不可欠だから、

 

自分が生きるためにライフラインを確保するためには金が絶対必要です。

僕も迷い迷い迷いながら生きています。

 

 

ただ、こんな僕でも少し変われることが出来た。

 

 

期間工で人生が一変した

 

 

この思いを少しでも多くの人に知って欲しいと考え、

このページを作成いたしました。

 

 

もう一度、人生やり直したい・・・。

 

 

僕は様々な失敗を繰り返しましたが、唯一と言って良いと思います。

 

幸運だったのが「期間工」という職業に出会えたことです。

 

インターネットの力のお陰で「期間工」というワード・その仕事の実態を調べる事が出来、そして今があります。契約社員と正社員の間のポジション、企業・メーカーの直接雇用、寮生活で光熱費に寮費は無料、加えて入社祝い金や満了金etc

 

様々なワードと共に?が沢山、更に調べるとYouTubeなどで期間工経験者の動画やまたブログなどで期間工の体験談をまとめている人を知る。

 

体力的にキツイ、けど稼げる。

 

都内で働いてもお金が増える事も無く、また様々な誘惑も多く出費だけが増えるばかり。僕の無自覚かつ計画性の無さ・様々な部分で情報弱者であり、いずれ緩やかにパラシュートの如く落ちて行き人生路頭に迷う。そういう情けない大人になるであろう事は何と無く感じていた。

 

一日一日お金が必要な状況で、住民税や年金、はたまた奨学金の返済・・・。解雇されキャバクラ勤務しその後、説明会に参加してメーカーとの直接面接。結果、僕は採用されました。路頭に迷いながらアラフォーの今、ようやく尻に火が付き、金は命より思いと理解しました。

 

 

現在、群馬にある自動車工場で僕は働いてます。

 

 

アフターコロナに向けて、これからの生き方の一助に。

 

 

手取り25万円の生活・家賃光熱費無料という恩恵も込みで、期間工は最高の環境だと断言出来ます。

 

何故なら、期間工になって僕は救われました

 

アフターコロナに向けて、自動車業界に限らず全業種の景気の浮き沈みが間違いなく訪れる。いやもうこれから先は目に見えない閉塞感さえ漂う空気感と隣合わせな日本になるのかと想像してしまいます。僕がこの1年間で得た160万円という金、もしかしたら人によっては少ないと思われるかもしれません。けど、有事の際。まだ記憶に新しいコロナ【COVID-19】と呼ばれた目に見えない恐怖に、この金が手元にあったら。何とかなりそうな金だと思いませんか?

 

1000万円貯金を目指す事を掲げ、今は夢半ばですが思ったことがあります。

 

この金をどう稼いでいけば良いのだろうか、またここまで生きてきた、いや生かしてもらったお金は一体いくらなのだろうか。子供が大人になるまでおよそ1000万円掛かると言われておりますが、この金額。それも最低1000万円。今の僕では未来永劫稼ぐことすら難しいと思いました。

 

両親も世代は違えど自身で社会に出て仕事をし金を得て、更に家族・子供である僕を養って来た。しかし、僕はそんな親のように家族・子供が出来るくらい一人前と認められるような大人になれていない。未だに手前の人生、手前の尻を拭くことすら叶わない、地に足を付いて生活することすら困難となっている、そんな情けない、現在の僕がいます。

 

お金を得る為には、何をしていけば良いのだろうか。

お金を生み出す為には、何を変えていけば良いのだろうか。

お金に困らない人生を送る為には、何を変えていけば良いのだろうか。

 

頼り甲斐のある男になるには、どうしたら良いか考えた。いざという時に動じない・何が起きてもこの世間を生き抜き続けられる力を身に着けたい。何をどうしたらと考えてばかりになっていたけれど、

 

何故、僕は期間工になったのか

何故、お金お金お金という考え方に変わったのか

何故、お金がこの世の中でもっとも必要なものなのか

 

私事ではありますがアラフォーを向かえ、「経済力をつけないといけない」という気持ちが遅すぎたかもしれないけれどようやく気付くことが出来ました。その思いを多くの人たちに届けたい、金があればこの先どんな困難にぶち当たってもどうにでもなる、生きていく為には金が必要不可欠。

 

 

生きる上で必要不可欠なもの、

 

 

そう僕は気付く事が出来ました。

 

 

 

谷村☆のりおが今!オススメの期間工求人サイトはこちらです。

>>大手メーカーの期間従業員求人を探すなら期間工.jp

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

期間工は底辺だ

 

 

そういう輩・連中をこの世から排除・駆逐したいと本気で思ってます。何を突然言い出すかと思われたかもしれません。は?実際底辺じゃん、そう言い振らす方が身の回りでも一定数おりました。過去仕事を一緒に血と汗と涙を流した、過去仲間だった同僚の中にも。

 

でも、そんな仕事が300万円もの工業製品を生み出し・それを全世界に今や今かと手元に届くのを心待ちにしているお客様が数多くいるという事実があります。実際に、自動車会社というのは何万人もの従業員を抱えそして全世界に顧客を持っており、景気に左右・浮き沈みあれど需要がある、日本の基幹産業の一つとされています。

 

それを底辺と切り捨てる発言、理解に苦しみます。

 

愚かで滑稽で、残念な方々だと。一生そのままで居て下さい、どんな立場でものを言っているんだ。

 

期間工として働こうとする人たちの邪魔をするな、

 

と。

 

確かに、仕事内容は単純作業の繰り返しです。

 

しかし、その仕事をし日々生活している全従業員・中には家族・妻帯者・守るべき家族がある方々に同様の言葉を言えるでしょうか。色々思うところは沢山あるのかもしれません、けれど。金を稼ぐっていうことはそういうことだと。大変なことなんだと、

 

このブログを始めた考え、このページを作成した思いを最後にさせていただきました。

 

突然明日、今この瞬間に僕は解雇・さよならGood Byeされるかもしれません。

ただ自分はそんなことになっても後悔をすることなく去るでしょう(いや、ちょっと悔しいと思うかもしれませんけど笑)

 

 

そんな心の準備を常にしながら、毎日毎日必死に仕事をし金を稼いでおります。

 

 

去年の今頃、期間工になっていなかったらと想像します。

 

 

しかし、今だからこそ思うこと・言えることがあります。

 

 

金が無ければ何も始まらない

 

 

今の今まで金に対して何とも思わなかった、20代という時期の霞を食って生活し続けるそのあまりの愚かさに、いち早く気付くべきだったと。改めて振り返りこの社会人生活を通じて、まざまざと思い知らされました。ただ、その失敗や経験を経て学び感じ思った事があります。

 

 

人は変われるんだ、金を得ることでやり直しはいくらでも出来るんだ、と。

 

 

またゼロベースから築き上げることが可能がある、金に対して実感してきたこの1年間で思ったこと。期間工にはそれがありました。

 

 

期間工にならなかったら、

 

 

いつまでたっても燻り続けおよそ茹で蛙の如くただただ漫然と過ごし、

誰からも必要とされず胸を張って生きていくことすら出来ず、

前を向くことすら出来ず自分自身を信じようともせず、

絶望し諦め下を向きながら老いて死んでいく、

 

 

そんな人生を送っていく。

 

 

その一歩手前まで進んでいたのであろうと、想像します。言い過ぎでしょうか、でも確かに言えることが一つあります。

 

 

金が有れば世界が変わる

 

 

手取り¥23,180な生活を経験し、およそ真っ当な仕事は思えない金をばらまく客相手に苦渋を舐めさせられながら耐える、そんな仕事を経験して今があるからこそ心底実感が出来ました。この1年間で得た160万円という金、そしてその重み。スグに稼ぎ出せる人はこの世の中に数多く存在するでしょうし、それに対して僕から何かを言うつもりは全くありません。

 

ただ、僕のように生きる事にちょっとつまづき立ち直れないくらいまで墜ちていきそうなくらい絶望している。そんな人たちがいたとしたら、僕だったら一声かけてあげられる。

 

 

期間工という仕事があります、大丈夫です。

 

人生変えられるきっかけが、この仕事にはあります。

 

と。

 

 

金が有れば世界が変わる

 

 

この言葉をホントに実現できる、そんな仕事が期間工という職業です。

 

 

一度説明会に是非参加してみて下さい、きっと今より生きる事が前向きになれますよ。

 

 

 

人生が変わる職業、

 

それは間違いなく期間工です。

 

 

 

谷村☆のりおが今!オススメの期間工求人サイトはこちらです。

>>大手メーカーの期間従業員求人を探すなら期間工.jp