SUBARU期間工生活186日目 仕事を円滑に進めるコツ

SUBARU期間工の谷村☆のりおです。年末へ向けて2週間を切り、仕事も師走効果な所為か慌しく1日が過ぎております。

信頼を得ているのかどうか、特に今のところ何か言われている様な気配は無し。気にした所で、半年しか所属していない・残り2年と5ヶ月で退職する(予定)であろう身分。けれども、良い金もらって生活スペースを与えられているんだもの。普通に頑張るでしょ、たまにミスするけど、、、。

今日も黙々と淡々と粛々と仕事をする。

最初は慣れない仕事・環境下で色々言われ、時にはキツい言葉を浴びせられ作業訓練期間も1週間延長する始末。凹んで凹んで凹んで、、、。それでも金の為にその他色々な事の為に、何とかここまで続けている。最近何と無く気持ちも落ち着いて来ている、そんな気がする。挨拶・コミュニケーションを取る様に心掛けている、当たり前なんだけど。節度を持って、自分は期間工・年齢関係無く立場を考えて謙虚に。かと言って、変に下手下手に出るって事はせず。社会人としてのマナー・モラル?的な気持ちを意識して、って何じゃそりゃって話何だけど。仕事中、特に意識し始めている事が一つある。

「聞く」ことを意識するようになった

ちょっとした事、仕事中でも些細な事を。分からない・ふと疑問に思った事を聞く姿勢を自分なりに行動するようになった。分からないフリをしない、これだけで大分変わった様な。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

って言葉が何でか今になってスッと理解出来るくらいにはなった。今までが酷過ぎただけw

言われる内が花

厳しいは優しい

っていう気持ちがまだあるので、それがこの仕事を何とか続けられている要因の一つにあるのかと。ふと思った。何でだろうなぁ若い時、自分で言うのも可笑しいがな10代・20代の頃って言われた事を素直に聞かない・守らない・覚えない等々。ホント今思うと、クズだなぁ素直じゃないなぁ、って。この部分少しでも変えるよう意識するだけで随分と仕事していくのが楽になったであろうにw

納得出来ない事をしようとは思わない、けどね。

こういう性格上、随分遠回り・不器用な生き方して現在も紆余曲折。ぐねぐねしながら人生積み掛けそうなギリギリなところで何とか生きておりますw

人員も退職する者・入職する者、班内で入れ替えが行なわれ気が付けば名簿の欄、自分の下に3名並んでいる状態。作業訓練中の者や入って1ヶ月の者など、働いている姿を見て「初心忘れるべからず」というか油断しないようちゃんとしないと自分も。な~んて思って今日も一日が終った。

それではまた明日(*゚▽゚)ノ

 

ではでは

 

 

 

 

 

 

>>期間工12カ月で160万円貯金に成功した方法を公開中