SUBARU期間工生活221日目 隣の班長の年収

※画像はあくまでイメージですw

SUBARU期間工・谷村☆のりおです。今日まで一応「操業停止」となっている自分が働いている工場ですが、本工場は通常通り稼動しているという。仕事無いと途端にヒマになってしまうのは、何だか虚しくなりますね。と言っても、忙しすぎても文句言うと思いますが。はい、クズですw

昨日も書きましたが、自分たちの班のメンバーは殆ど休み・有休を消化。出社したのは自分含めて3名。また別工程・仕事を一緒にしている隣の班と併せて9人出社。中に本日のお題である他班の班長もおりました。

やること無いと書きましたが、今日やった事というと「座学」「掃除」です。普段あまり見る機会のない仕事関係の資料、今回は主に仕事中に発生した事故「労働災害」のVTR・レポートを見て会議室で話し合いをしたのが午前中。

その後、午後からゆ~くりと掃除・休憩・掃除・休憩・掃除・・・。中々怠惰だなぁ、いやいや平和だなぁっていう1日を過ごしました。←トラブルが起きているので、正確には平和と言えないのですがw

ヒマもあったので、先々月の飲み会以来・中々話す機会が少なかった「隣の班長」と雑談しつつ有益な情報を手に入れました・・・。以下、隣の班長のスペック。

 

年収 600~700万円

30代 妻子あり 奥さんは年上

本人曰く

「普通の人よりは多く貰っている気がする」

お小遣い 3万円 ボーナスが出た月は 5万円

 

少し言葉を濁しておりましたが、この年収。勤続長く役職付くと自分と同じ年齢だとこの位は金を貰えているのだと、改めて恐縮。ホント、勤続年数に比例して役職が付いている人が多いと実感。都内で家庭を持つとまた違うのだろうか。班長の上は係長→課長→部長・・・、係長クラスは人によって1000万届きそうなという話もチラッと聞いた。自動車会社・工場勤務とプロパーとして生き残って来た方々の年収の実際をほんの少し垣間見ました(´ε`;)

 

新卒で更に勤続年数が10年以上だとこの相場なのかと

コツコツ積み上げてきた方々が責任者である

 

最近、期間社員→プロパーになったという20代の女子社員がおります。本人から聞いたのですが、月給が30万だったのが20万円に減った~と溢しておりました。スタートの手取りは中々辛い金額かなと思いますが、福利厚生・ボーナスに加え「社会的地位」がある正社員。何よりネームバリューある会社、これからも頑張って下さいませ( ̄∀ ̄)

 

現在SUBARUは満40歳までプロパー・正社員登用があるので

期間工を1年頑張ったら正社員になってみようかな

っていう選択肢もありかと、個人的には思います。

 

自分は期間満了して、金出来てから考えます。

それではまた明日(*゚▽゚)ノ

ではでは