SUBARU期間工生活224日目 2020年度の稼動日数が決定

SUBARU期間工・谷村☆のりおです。今日仕事終わりに「2020年度の年間カレンダー」のコピーを貰いました。休日出勤など除き年間通して主な稼動日数が月毎に記載されて、って。毎月何日働くのかが書かれているペラ一枚。但し書きに「労働組合」と明記、加入なんぞしてないが何かありがとう。

改めて見ると5月・8月・1月と年12ヶ月の内、この3ヶ月が稼げない月となりそうです。

それぞれGW・夏季休暇・年末年始なこの3ヶ月、休めば金は減るっていうのを感じざるを得ないw

ここが期間工・期間社員扱いの人間のツライ現実でしょう。プロパー・正社員として身分な方々は、毎月の固定給が保障されている。工場が止まろうが残業が少ない日だろうが、支払われる金に変動は無い。加えて色々な特典、ボーナス・保険・手当てetc

あまり悲観しても仕方無い、実際ここ7ヶ月分の給与明細を確認・計算してみて、多少バラつきはあるものの

 

7ヶ月の給与合計は ¥2,244,567

 

毎月の平均は    ¥ 320,652

 

となりました。どうでしょう?日本全国的にサラリーマンな雇われ身分な社会人に支払われる給与としては、普通に生活していける。場所によってはゆとりが持てそう感。期間工になるメリットの一つとしては家賃・光熱費無料なところ。家賃分が浮くって懐に優しい、加えて節制した生活を意識・習慣付けていければ金が貯まる貯まる。

 

ここから毎月5万円近くの控除が引かれて

手取りが平均24万~28万円

で、色々やり繰りしております。カード・奨学金という名の借金の返済、食費・日用品など日々の生活に必要な出費、そこから貯金額を捻出と。ライフラインの危機を脱し、契約上来月の4月末までは安定した寮生活が送れると。一応ね、何時何が起こるか分からないしw

慰労金・皆勤手当って、期間工になる前に色々自動車会社問わず、各企業・メーカーの求人案内を見比べて見たけれど。今回の年間カレンダー・稼動日数を見て、

慰労金とかって稼げない月の補填金な気がしてきた説

↑この部分、あくまで主観です。あと残り5ヶ月無事に給与明細もらえたらハッキリしそう。

 

7ヶ月分の給与合計についてはここの部分、ちゃんとまとめないとダメですね。

SUBARU期間工がいくら稼げるのかという記録と統計、毎月の給与の推移をサラッと書き過ぎましたw

あと4時間半後に休日出社、すいませんが今日はこの辺で。

 

期間工やってみて実践出来たこと

都会からの脱出 日々の節制 ブログ・Twitterの運営 貯金

 

それではまた明日(*゚▽゚)ノ

 

ではでは

 

 

 

 

 

>>期間工12カ月で160万円貯金に成功した方法を公開中