SUBARU期間工生活240日目 寮生活の取り扱い説明書

SUBARU期間工・谷村☆すなおです。昨日の記事、Twitterでのいいね数など特に目立った数がついていないのにも関わらず、ブログへのアクセスが何でだか多かった不思議。寮生活って実際どうよ?的な好奇心をお持ちの方がいるのだろう、と思い始めて来ました。ネタに遭遇したらお知らせいたしますw

そんな事もあり、ここで改めて。赴任・入寮時に渡された取り扱い説明書もとい

寮生活ガイド

を見返してみました、特にある項目を。

毎日常日頃から恐ろしい事件・出来事に遭遇している訳では無いのですが、ちょっとした些細なおや?っというのは感じていたりはしております。大体100~150人前後の囚人、、、男の期間工たちが住んでいる環境。ある程度秩序は守られているハズとは思うものの、何が起きたら本当にマズイのかというのをちょっとここで書き留めておきます。

 

退寮処分

下記の行為があった場合は即時に退寮処分としますので、注意して下さい。

①暴力行為・酒乱・商行為・犯罪行為

②寮内での賭博行為

③管理人の注意に従わない行為

④自炊行為(自炊及び調理)

⑤危険物の持ち込み(銃・刀剣類・火薬・シンナー・ガソリン・石油類・高圧ガス類など)

⑥持ち込み禁止物の持ち込み 以下寮内への持ち込みが禁止されている物

こたつ・ストーブ・温風ファンヒーター・大型冷蔵庫(120リットル以上)・オーブン・コンロなど

⑦その他の寮規則違反行為

 

だそうな。①・②については良識を持ってくれよ大人なんだから、という内容。④・⑤・⑥に至っては火の元の管理が主に記載されている。そりゃこの部分をしっかり示しておかないと、どこの馬の骨かも分からない集団がいるそんな寮内。気を付けてくれよ、って最初にも言われたのを思い出しました。

※ホットプレートは黙認されており、自炊している人が実はいたりする。

③・⑦が一番肝に銘じておくべき内容かと。掲示板での注意喚起、昨日の内容・自分が出くわした不毛な出来事などがこれにあたる。いずれも1人で生活しているなら何も言わないし、誰も干渉しない。迷惑掛けることさえしなければ良いのだから。しかし残念な事に、この監獄は集団生活な環境。加えてここが重要↓

無料で住まわせてもらっている

という部分を忘れてはならぬ。

勝手な事はするなよ、大人しく黙って生活してくれ、仕事はキチッと真面目に取り組めよetc

とは誰が言ったか言わぬか、只でさえストレスが掛かるであろう寮内。

何かあった時、管理人さんに相談しませう。決められたルールさえ守ってさえいれば何か文句を言われるなんて事はないのだから。更に赴任した際に大田工場にある社屋での説明会、コンプライアンス・ホットラインのカードをもらったであろう。そこに一報するというのも手です。

1人で何かと抱え込むとロクなことにはならないので。働き始めてから感じるストレス、少しでも早く解消出来るよう。色々手立ては用意しておきませう。

 

本日はこの辺で

それではまた明日(*゚▽゚)ノ

ではでは

>>期間工7カ月で100万円貯金に成功した記念で札束を公開中