キャバクラの給与明細

谷村☆のりおです。今日は給与明細・番外編という体でお送りいたします。今朝、掃除中に出て来たもの。苦い記憶とともに、その手にした金は余りにも辛かった。辛過ぎました、週6日勤務。そして15時間勤務という今思うとふざけている。

キャバクラ・黒服の1カ月間の給与明細をここに晒します。昨日の期間工給与明細と併せてご覧いただけると面白いかと思います。→SUBARU期間工生活244日目 給与明細8ヶ月目 公開

まず1枚目。保険などそういうものは一切ございません、あるのは所得税が引かれている。ただそれだけ。

続いて2枚目。

この大入り手当という謎な項目。

解説しますと「1日の売り上げが一定数を超えると発生」する、というシステム。

50万円になると   5000円

100万円になると 10000円

それぞれ手当という形で支給されます。自分がいたのは小規模なお店で黒服が6人~8名、キャバ嬢が10~15人辺りで1日を回しておりました。売上を日に100万円を目安・目標に働いていたような、もうどうでも良いような記憶なのですが。

 

俗に言うお触りナシ。

ただ女の子と話して金を巻き上げる。

中途半端なんですよ、サービスが。

 

男は単純です、それは間違いない。しかし、金を払うからにはちゃんとサービスしてよ。そんな客を1カ月間という短い期間、働いただけでも数多く見てきた。金はあるけど遊び方を知らない悲しき男共が。キャバクラ行くなら風俗店に行った方が良いですよ、ホント。キャバクラなんて、さっさと消えて無くなれば良いと心底思っております。何故って、何が楽しいのソレ?っという考えがあるから。

 

若い子と話をしたいなら、わざわざキャバクラへ行く必要って全く無い。

 

何が悲しくて原価10円未満のドリンク1杯1500円以上払わなきゃいけないのか。キャッチなどという訳の分からん素性すら怪しすぎる輩に連れて行かれて入ってみたらぼったくりな店、そういう店で自分は働いておりました。色々記憶が蘇ってきましたが、何故給与明細が2枚あるのかと言うと。

 

働いていた店が行政書士様のお力により訴えられたから

 

場所 東京都豊島区池袋

事案 本件は通常のボッタクリ若しくは酩酊に乗じたカード窃盗被害と異なる。被害者は1軒目の飲食店を退店後に意識を失い、次に意識を取り戻したのは午前5時の時点で池袋駅周辺の路上であった。その時点で「カバン、上着、コート、その他一切の所持品」を紛失しており、同日の午前中に池袋警察署に紛失物の問い合わせを行ったところ、池袋駅から離れた「池袋3丁目の公園」にて発見され警察へ届けられていたものの、カバンの中の財布は届けられておらず、その時点で即時財布に入っていた各クレジットカード会社及び銀行へ連絡のうえ利用停止手続きを行うも、既に紛失中の時間帯において池袋駅周辺の飲食店「シービューティー」なる店舗で金429000円もの高額クレジットカード利用が行われていることが発覚。続きは→こちらへ

 

最近調べて見て分かったのですが、ある行政書士様のホームページに記載されておりました。

働いていて度々目にしていた、会計時に客とのトラブル。

 

こんなに飲んでいない!!

高すぎる!!

 

このカラクリをお教えいたしますと、一つ例が。お客さんが酔って少し寝てしまっている際にキャバ嬢らが勝手にドリンクを注文・金を巻き上げているからです。そのドリンク、全て100%アルコールなど一切入っていないお茶類。ウィスキーなど黄金色の種類はジャスミン・ウーロン茶など、注文しても店の厨房で如何様にも出来てしまうんですよ。とか、こういうふざけた事を平気で行う。それを容認・黙認?そんな教育をしている。訴えられても仕方が無い、そんな店に自分は一時働いておりました。

高額な会計の客とのトラブルは大体がこのケースが殆どでした。

いや、ホント死ねばいいのにと思います。

あ、お客さんじゃないですよw

 

池袋・西口

風営法も何処吹く風

深夜0時を回っても営業している店が立ち並ぶ

 

警察もそんな店が多すぎるから取り締まりが面倒・手間 by キッチンのおやっさん

 

働いていた時、心底懇意にしてくれた60過ぎの競馬・競艇・競輪をこよなく愛するギャンブラーなおやっさんとの他愛もないやりとりだけが、自分が何とか1カ月間という短い間この仕事を耐え忍ぶことが出来た。今も尚、名前を変えては営業を続けていると思いますが。元気でやっているでしょうかw

 

夜のお店を遊ぶ際は自己責任で

 

今は期間工という生活で期間限定ですが、一時的に規則正しい・真っ当な金を得て生活をしております。キャバクラ・黒服の経験というのは、結果的には良かったと。人生経験の1つとして、長く続けるものではないとハッキリ言えるけど。あ、働いた店が不味かったのか。これまたGoogle先生に聞いてみたら、どうやらぼったくりだと思っておられたあるブロガーの方を見つけました。

併せて見ていただければ幸いです→間一髪!池袋の“ぼったくりキャバクラ”から脱出してきた話

 

それではまた明日(*゚▽゚)ノ

 

ではでは

 

>>期間工12カ月で160万円貯金に成功した方法を公開中