SUBARU期間工生活278日目 4月から新入社員が配属されるそうです。

谷村☆のりおです。

休憩中に何やら事務所の掲示板にデカデカと紙が張り出されている様子を目撃。

何だろうな?と見てみると「入社おめでとう!!」という文字の下に〇〇高校卒業〇〇さんという文字が並んでいた。SUBARUの定期採用・新卒の人たち、主に高校卒業し就職を選択した18歳の若者たち。

3月も中旬を過ぎあと少しで4月、春めいて来た感じがしてきましたが工場内でもそんな空気を一瞬垣間見る。

この会社・社員数10000人以上もいる大企業。高校時代の進路を決める時に就職を選択する同級生がどんなだったのかを思い出した。(自分の頃はその当時、地元企業に就職するとなると東芝・富士通が優良企業だった。)

内申点が高い・成績優秀であること。優等生な彼ら彼女らたちの中から進学を選択するものは指定校推薦・大学進学へと進む。

就職を選択するものは、学校側から応募先企業の案内を見る。群馬県ではSUBARUがどうやらその企業らしい。社員・プロパーの人とその話をした際、偏差値が県内で高い・成績優秀者が応募してくるそう。SUBARUに応募する際の必要な内申点も高いそうな。

新卒採用を積極的に行なっている。この部分に、少し打算的な考えが浮かぶ。しばらくは期間工として仕事が出来るのであろう、と。

Twitterなどを活用してからというもの、まあロクでもないツイートを見かけることがある。

期間工は雇い止めが加速するであろう・コロナの影響で・近々満了退社するから知らないけどetc

ホントくだらない。

働き始めてからたまにネガティブな感情や思考が溢れ出てくることがある。

いつでも毎日元気で健全な状態で仕事しているワケでは無い。常に何かしら不安というのが頭に浮かびながら、スグ後ろにその存在があるのであろうと想定しながら。日々黙々と仕事をしている。

色んな感情・思考がぐるぐると入り乱れてはざわざわざわと。気持ちが落ち込んでいるんだろう、と。

今日契約書のコピーを貰い、改めて7月末日までは期間工として身分が保障されていることを確認。但し状況によっては契約が解除される事もあるであろう、ってことは頭の片隅には置いてある。

少々エネルギー切れみたいな感じがここ最近続いているんですが、考えてみた対処方法。

成る様にしか成らんと思い、日々淡々とやる事を継続すること

ムダに抵抗しない・抗わないこと

寝る事

っていうことしか思い付きませんでしたw

綱渡り生活なこの期間工ライフですが、少し打算的な考えと書いたのは以下に。定期採用している余裕がまだある→新卒が独り立ちする時間までは自分にも仕事がある、であろうと思ったから。たぶん。

アラフォーおっさんのクズな考え、強かに逞しく耐え忍ぶ気持ち。取り合えず7月いっぱいまで前向きに仕事に励むべし、今週も仕事頑張ります。

今日は祝日で世間は三連休という現実はあまり深く考えないようにw

本日はこの辺で

それではまた明日(*゚▽゚)ノ

ではでは

>>期間工7カ月で100万円貯金に成功した記念で札束を公開中